ガイガーカウンターによる放射線計測

放射線は常に一定ではなく、ガイガーカウンターやシンチレータに捉えられる放射線は常に変化します。
そのため、一定程度の間隔で移動平均を取る必要があります。この移動平均時間を短くすると細かな変化を捉えることになりますが、放射線計測は一瞬一瞬の放射線量に一喜一憂するものではありません。そのため、移動平均時間は60分など長い間隔にしておくことをお勧めします。その上で、測定したい場所の放射線計測をする場合は最低でも5〜10分、30分や1時間程度留まって計測する必要があります。

移動平均時間はiMetryの放射線量画面(ガイガーカウンター・モード)から変更することができます。
空の線量画面.PNG

また、インターネット上にはガイガーカウンターの正しい測り方がいろいろ掲載されていますので、それらをよく読みながら何度も放射線計測して、放射線計測の経験を積むことも大事です。

  • 最終更新:2013-05-07 18:14:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード