スペクトロメトリー ガイガーカウンター 放射線測定器の性能

スペクトロメトリー ガイガーカウンター 放射線測定器の性能

スペクトロメトリー ガイガーカウンター 放射線測定器の性能は単位時間あたりのパルス検出数に依存します。検出器で検出する放射線パルスは、ポアソン分布に従い、あるcpm値に対して、その値の標準偏差はcpm^1/2に従います。
従って高感度なセンサー(cpm/μSv/hが大きい)で、且つ、移動平均時間が長い方が、標準偏差が小さくなり、ふれも小さくなります。
また、高線量下では、cpmが大きいのでcpm^1/2/cpmが、小さくなるのでふれが小さくなります。
iMetryにおいても収束が早くなります。
また、スペクトロメトリーの分解能はシンチレーターに対して半導体センサーの受光部の有効面積が、あるいは受光効率が大きくなるほど、分解能(FWHM)が良くなります。



  • 最終更新:2013-05-14 18:29:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード