Ba133 スペクトロメトリー ガイガーカウンター

Ba133の特徴

Ba133は276、302、356、383keVに特徴があります。


Ba133スペクトル
Idaho National Laboratory
Ba133_spectrum.png

iMetryでのBa133計測結果

線形表示 対数表示
Ba133_liner.png Ba133_log.png

iMetryは簡易スペクトロメトリーのため分解能が専門的な機材より低いため、スペクトルピーク(Ba133では276、302、356、383keV)が合成され、一つの山になります。その中でも一番高いピークである356keV付近が山の頂点になりますが、iMetryの場合は、分解能が低いので、ピークは356keVより下にずれます。
Ba133は、I131の364keV近辺のスペクトラムを持ち、半減期も10.51年と、長いので、Cs137と共に、I131の364keV近辺のスペクトラムを代用するための、スペクトロメトリーの校正用の代用試験核種として用いられます。

キャリブレーションポイントを増やす場合は、入手が容易なやさしお(K40)を用いることがよいでしょう。

  • 最終更新:2013-05-07 16:27:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード